人気ブログランキング |

GWH@西宮 写真提供:スタッフテス株式会社


グリーン・ウッド・ハーモニーの日々の記録です。


by gwh_sendai

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:練習日誌( 151 )

11月8日 強化練習

片平市民センターで強化練習(10~18時)
今日も、コンクールでの演奏曲をみっちり練習しました。

まずはシェーンベルグの「月と人間」から。
第1セクションでハーモニーを確認しながらの練習。
12音を均等に使っていますが、随所にきれいな和音が現れます。完全な3和音になる箇所は少ないですが、長3和音と短3和音が同時になる和音(Dur-mollというらしい。シェーンベルク以降多くの作曲家が良く使用している)や減和音等。それらの箇所のハーモニーを丁寧に確認しながら練習しました。
12音メロディを歌いながら他のパートとの間にできる和音を、たゆたうように表現できたらどんなに素晴らしいことでしょう。うーん、課題は大きい(^^;

次はクルタークのルイジ・ノーノへの頌歌。
Ⅱ番の分析譜が出ました。
シェーンベルクは12音の音列(セリー)を活用し、12音を厳密に全て使用してから次のフレーズに移るのに対して、クルタークはより自由に作曲しているのがわかる分析譜。説明は難しいので省略(^^;。
説明を一通り聞いた後、練習。構造がちょっとわかると、説得力が増すような?そうでないような?

ここで昼休み。

午後は、クルタークを、Ⅳ番、Ⅲ番、Ⅱ番の順に。
それぞれの曲を部分的に確認したり、通したりしながらの練習。曲の魅力が徐々に出てきます。

次は、ウェーベルンのカンタータ2番-Ⅵ。
こちらも随所確認しながら、また、各パート共3つに分け、少人数で歌ったりして確認しました。

最後に、課題曲G1のSuper flumina Babylonis。
ハーモニーを確認したり、終止形を確認したり、フレージングを確認したり、各パート3人ずつでアンサンブルしてみたり、やることは尽きません。

最後に自由曲だけを曲順に。通すつもりが、どうしても、止めて練習になったり(^^;
最後は本当に通して終了。

コンクール全国大会まであと2週間。
さらにみがきをかけて、満足のいく演奏を披露したいですね。
by gwh_sendai | 2015-11-08 23:39 | 練習日誌

2015年10月18日 強化練習

富沢市民センターで10時から夕方6時まで、今日もバッチリじっくり、コンクール全国大会に向けての練習でした。

まずは発声練習。
午前中は自由曲の1つシェーンベルグの「月と人間」を、音程は勿論のこと他のパートとの関係、新しい音の歩みを発見しながら、じーーーくり練習しました。練習した分はすっきりはっきりしましたが、やった分だけ次の課題もみえました。
お昼休みには委員会とパートリーダー会議。パートリーダー会議では全国大会までの練習の作戦などなど、委員会でも様々な運営の計画を立てました。
午後の最初は課題曲G1のSuper flumina Babylonisを、こちらも新しい歩みと新しい響きを求めて、細かな練習を。時々倍音が聞こえて、美しさ倍増でした。
そして、クルタークのルイジ・ノーノへの頌歌。今井先生の分析表を使っての解説を伺い、『へぇ~』っと、ちょっとわかったような気もしましたが、「わかった」と「歌える」は別問題(汗)、速いテンポの曲もまずはゆっくり、そして早く。こちらも少しずつ板についてきたようなこないような(汗汗汗)。
最後はウェーベルンのカンタータ2番-Ⅵ。パートごとに歌ったり、同時に歌いだしたり、様々な角度から挑みました。

全国大会まであと一ヶ月。まだまだ深まりそうな気配がします。この過程がなんとも楽しいです。
by gwh_sendai | 2015-10-19 19:23 | 練習日誌

8月9日(日)強化練習

今日は、荒町市民センターでの強化練習でした。

まずはコンクール課題曲のSuper Flumina Babylonis から。
フレージングの仕方において音の高さでなく、ことばのアクセントを中心とするように留意しながら練習。
横の流れと同時に縦のハーモニーも確認。
やれどもやれでも尽きない課題です。まさに課題曲!

シェーンベルク「月と人間」
12音技法だが、和声的な演奏を目指す。和声的な部分を確認しながら練習。
ハーモニーの感覚がわかるとより適切な音程がわかるようになる。必然的にハーモニーする声を目指すように練習。

お昼休みには、パートリーダー会議で、今後の練習の仕方や、来年、再来年の演奏会の構想など。

ウェーベルン「カンタータ第2番 Ⅵ」
こちらも12音技法。各パートの音列だけでなく、全パートの縦のラインでも12音を使い切るまで次の音列になっていないため、シェーンベルクよりも理論的に隙がない?
ドイツ語としてきちんと歌えるように、単語の間に休符がある場合もあるが、ドイツ語としてのフレージングを練習。

クルターク 「ルイジノーノへの頌歌」

ロシア語のアクセントを確認しながら、まず読む練習。ロシア語らしい母音にすると良くなる。


男声と女声に分けてまず練習。どちらか一方だけだと美しい! 両方合わせると調がぶつかる。

エリヤ
10から20の間のコーラスを練習。
初めて練習する曲も多いのでまず一通り歌ってみる。
コーラスは、バール教の民衆と、エリヤ側の民衆の役割を持っている。
エリヤの内容についておすすめの本がある方は教えてください!

10時から18時までの長い練習でしたが
その後4人の方が今井クリニック(個人レッスン)を受けたのでした。
by gwh_sendai | 2015-08-09 23:47 | 練習日誌

7月26日(日)  強化練習     柏木市民センター

10時~発声。  いつものように新聞紙を使って。
午前中は、パレストリーナ『Super flumina Babylonis』
要所要所のハーモニーの確認や、フレーズの山に向かって歌い進めていく練習など。
割り箸をくわえて、暗い音色・低い音程を改善していく練習も。

12時~お昼休み。
その時間に、パートリーダー会議と委員会を開催。

午後は、まずクルターク『ルイジ・ノーノへの頌歌』より2・3・4
始めは、ロシア語の発音練習とリズム読み。
本来は速い曲ですが、ゆっくり歌って音を確認。そのあとで速いテンポで練習。

次に、ウェーベルン『第2カンタータ』よりⅥ
ソプラノとテノールだけでのカノンのように、組み合わせを変えて練習。
頼りにしているパートの音がないと取れなくなってしまい、つまりちゃんと
歌えていないことが判明・・・(泣)

次に、シェーンベルグ『月と人間』
12音の音列を何度も何度も歌う。
楽譜を右から読んだり、二段の楽譜を時計回りに歌ってみたりして、
いろいろなバターンをやってみる。 そうすると必ずどこかで歌った節が現れてきて、12音の曲の不思議さを実感した。

最後は、パートバラバラで座り、(隣に同じパートが来ないように工夫し)
全曲を通した。
各自、いかに歌えていないか、どの曲がだめか・・・反省点がてんこ盛りの
熱い練習となった。
by gwh_sendai | 2015-07-28 22:47 | 練習日誌

6月14日 強化練習 (富沢市民センター)

・発声 今日はエリヤの賛助出演の方とご一緒に…
いつもの新聞紙を使った発声ですが これで1日にして劇的に発声が変わった方がいらっしゃるとか…
・メンデルスゾーン「エリヤ」より (1.5.9.29.34.42番)
特にテンポの速い曲では 音程をつけずに リズムに合わせてドイツ語の練習をしました。
・昼休み パートリーダー会議と委員会を開催
〜ここからは 団員のみの練習です〜
・パレストリーナ「バビロン河のほとりで」
今井先生がワークショップの時に書かれた分析譜を使っての練習
・モンテベルディ「西風が帰り」
女声の16分音符の細かい音が難しい(汗)
ウェーベルン「カンタータⅡ Op31 Ⅵ」
難解な音程に気をとられがちですが 詩の意味を考えながらの練習でした
・クルターク「ルイジノーノへの〜」2 離別 3一か月の愛
・無伴奏混声合唱のための組曲「ささやかな歌」⒈影と海 ⒉愛が消える
曲の始めから 細かく深く丁寧にご指導いただきました。この流れで3曲目も歌いたかったのですが 惜しくも時間切れ!
・練習後 今井クリニック
青森から東京までの遠隔地団員を中心に発声を見ていただきました
・ハンドベルの練習
定期演奏会に向けての練習です。皆さま お楽しみに‼︎

定期演奏会まで あと20日!
感動の当日を迎えましょう!
by gwh_sendai | 2015-06-15 22:05 | 練習日誌

4月12日強化練習

4月の強化練習は練習見学会にもなっていました。見学の方が10時前からいらしていただいたて、うれしいかぎりです。
まずは発声練習、いつものように新聞紙も使いながら。
午前中は、ワークショップの講習曲Jauchzet dem Herrn, alle Weltの練習から。階名で音をとりながらハーモニーを確認して、フレーズを感じながら言葉をつけて、子音をはっきり、母音を正確に、アクセントの位置は、リズムを明確に、レガートで・・・あぁ忙しいです。
そのあとは現代の作曲家の曲を。シェーンベルグ、ウェーベルンはもう亡くなられている方ですが、クルタークはご存命、なにやら新しい響きがします。まだまだ歌えませんがどの曲も“美しい”です。
お昼休みには委員会とパートリーダー会議、7月の定期演奏会の準備もすすんでいます。
午後はまずイギリス民謡のステージの曲を全曲。階名で攻めて、無事突破!何とかなりそうです。問題は英語(汗)
15:30から、来年1月の仙台フィル定期に賛助出演の方も加わって「エリヤ」の9番と29番の練習。こちらも階名で諸々確認の後言葉をつけて。ドイツ語の練習はパートごとに別室でもやりました。何しろドイツ語が多いので一人ひとりの努力が必要のようです。
定期演奏会の楽譜が今日でそろいました。ちょっと不安もありますが、楽しみです!
by gwh_sendai | 2015-04-13 23:20 | 練習日誌

3月29日  強化練習 (柏木市民センター)

3月29日  強化練習 (柏木市民センター)

まずは、発声練習。  いつもの様に新聞紙を割きながらの発声練習。

・シェーンベルグ『月と人間』からスタート。
 まだまだ音取りの段階でしたが、まず12音の音列を、繰り返し繰り返し
 歌っていき、テーマとなる旋律を覚えていきました。
音列には、基本形・逆行形・転回形・逆行転回形があり、それぞれの
音列で歌っていきました。 (すごい脳トレです)

・パレストリーナ『バビロン河のほとりで』
 移動ドで。 言葉に支配されない音楽のフレーズを見つけていく練習。
 
お昼休み・・・パートリーダー会議と委員会を開催

・メンデルスゾーン『Jauchzet dem Herrn, alle Welt』
 5月のワークショップで歌う曲です。

・クルターク『ルイジ・ノーノへの頌歌』より 2.3.4
 この日初めて出た楽譜。 見たことのない形式の楽譜に、一同、固まる。
 とりあえず音を出して、終了。

・メンデルスゾーン『エリア』より 1番.5番
 ここからは、賛助出演してくださる方々も一緒に入っていただきました。
 ドイツ語の強い子音を、いかにきちんと発音していくか・・・。
 それはこの曲に限らない事ですが、大人数になる曲では、特に意識していかないと
 なりません。  何度も何度も練習しました。

練習終了後は、今井クリニック。
普段の練習日にはなかなか受けられないメンバーを中心に、一人一人の発声を
見ていただきました。
先生、長い時間のご指導、ありがとうございました。

次回の強化練習は、4月12日 柏木市民センターです。   
 
by gwh_sendai | 2015-04-01 22:50 | 練習日誌

12月7日 強化練習 若林区中央市民センター

強化練習記録
    2014.12.7 於:仙台市若林区中央市民センター
                10:00~18:00
10:00 メンデルスゾーン3曲 階名唱、歌詞付けて
      Sicut cervus 他

12:50~昼食休憩 (委員会&パートリーダー会議)

14:00 委員会報告
       ・寿福寺で演奏した般若心経の録音依頼について
       ・秋田国民文化祭の交通費について。支給は年明けになる予定。
       ・アンコン申し込みについて
14:15 労災病院コンサートの曲全部。
      渓流譜読み。
      最後にメンデルスゾーンHerr・・を階名唱
17:30 諸連絡
       国民文化祭の写真申し込み案内
17:50 終了片付け。解散。
  記録係 鈴木明美
by gwh_sendai | 2014-12-13 20:00 | 練習日誌

11月9日(日)強化練習(柏木市民センター)

いつものように、新聞+割り箸を使って、発声練習。

Salve Regina / Josquin des Prez からスタート。
この日は、2つのポイントを中心に練習しました。
・4度上行と5度下行する音の動き、ピッチの正確さを高めること。
・導音から主音に行く時の、導音の歌い方の練習。

お昼休みは、御飯を食べながら、パートリーダー会議と委員会。

午後は、まず今井先生による、「実践的音楽理論」講座から。
普段の練習の中で、分かっているようで分かっていなかった言葉や考え方を、
先生が資料を作ってくださり、分かりやすく教えてくださいました。

そして、Se la mia morte brami とMoro lasso al mio duolo / Gesualdo の2曲。
Salve Regina同様に、導音を見つけてそこからどう歌っていくかやっていきましたが、
2曲とも導音があり過ぎて(泣)、ひとつひとつというより、フレーズという大きなくくりの中でそれを感じていくような感じ(?!)でした。

他には、テンポを倍にしてゆっくりやってみたり、各パートひとりずつでのアンサンブル練習。
また、パートばらばらに座って、他のパートをより近くに感じて歌う練習などをやりました。

コンクール直前ということで、いつも以上に中身の濃い、充実した時間となりました。
by gwh_sendai | 2014-11-12 00:04 | 練習日誌

10月19日強化練習ー富沢の巻ー

その強化練習は秋晴れの富沢市民センターで開催されました。市民センターは他のダンスなどのサークル活動も活発に行われており、まさに文化の秋。天高く馬肥ゆる秋…。
文化といえば来週グリーンウッドハーモニーは秋田県で開催中の国民文化祭の「合唱の祭典」に出演します。文化祭にふさわしい、明るい演奏をしたいものです。

練習曲目は以下
Salve Regina / Josquin des Prez
Sela mia morte brami (貴方が我が死を望むなら)/ Gesualdo
Moro, lasso. al mio duoro (苦しみ悶え我は死す)/ Gesualdo

うおっほー、濃いな〜。

この日は今井先生によるジェズアルドの楽譜の分析講義も交えながらの練習となりました。実際に(機能和声でいう)ドミナントの和音がどこにあり、それがどう解決するかを実際に歌って確かめたりしました。

ところで最近グリーンウッドでは団員が今井先生に質問カードを提出し先生がそれに答える形で「練習に使われる用語集」の編纂が進んでいます。「アーティキュレーション」とか「ナポリの和音」などそれだけで一冊の本が書けそうなカテゴリが満載ですが、「そういえば練習中に出てくるあの用語はいったい…?」とモヤモヤしているよりも楽しく練習に参加できる手助けになるでしょう。

ですから、安心してください。この記事をお読みになって歌いたいと思った方、是非一緒に歌いませんか?

この日もみっちり7時間。パート練習や全体を半分にしてアンサンブルをしたりパートかんけいなくバラバラに並んで歌ったり新聞裂いたり割り箸を口にくわえて歌ったり、ペットボトルを投げてキャッチしたり、いやあ、色々やりましたね。

新聞紙だのペットボトルだのグリーンウッドは一体何を…?

重ねて申し上げます。安心してください。ぜひ一緒に、歌いませんか?
by gwh_sendai | 2014-10-20 20:40 | 練習日誌

カテゴリ

全体
練習日誌
お知らせ
演奏会のご案内
雑談
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

合宿 9/7(土)13:30..
at 2019-09-08 22:01
強化練習 2019年6月23..
at 2019-06-24 23:42
2019年5月11日・12日..
at 2019-05-13 22:24
2019年4月14日 強化練..
at 2019-04-15 22:58
3月30日(土)練習日誌
at 2019-04-04 23:12

外部リンク

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧